24才独身男性会社員のセフレ探し日記

私は大学生の時から筋肉質な美女をセフレにしたいと考えていました。
私は高校生の時までまったく女性とお付き合いをした経験がなく、彼女と呼べる存在の女性が一度も私のそばに居た経験がありませんでした。
私は勉強ばかりしてきた反動なのか、大学生になった途端に勉強が一切したくなくなり、大学時代には彼女を作ろうと必死に努力したのですが、髪型やファッションをどれだけ頑張っても私には一般人女性の彼女が出来なかったのです。
一般人女性から相手にされないあまり、私は徐々に平凡な一般人女性に興味が無くなってしまい、筋肉質なスポーティーな女性をセフレにして自分の思うがままにしたいと考える様になりました。
そして私は大学を卒業して現在勤めている会社に新卒の新入社員として入社した当時からインターネットの出会い系サイトを利用してセフレ探しをインターネットでやろうと思ったのです。

そして私はとうとう先日、いつもの様にインターネットの出会い系サイトに「スポーティーな肉体のセフレの女性を希望します」というタイトルで書き込みを行っていた時に、セフレ希望の女性からの返信が私の携帯電話のメールに届いたのです。
私に返信メールをくれた女性は21歳の女子大生で、趣味でレゲエダンスをやっているという女の子でした。
彼女はレゲエダンスの洋服を買う費用が欲しいので、割り切ったお付き合いであればセフレになっても良いですよ、という返信メールを私の携帯電話のメールに送信してくれたのです。
私は彼女からのメールにすぐに返信し、そして私達は都内の池袋北口の改札口の前で待ち合わせをして実際に会う約束を取り付けました。

私はセフレ募集の書き込みをそれまで何度か行ってきましたが、21歳という若さの女性からの返信が来たのはその時が初めてで、自分のそれまで行ってきた書き込みが正しいセフレ探しなのかは不安な点があったのですが、私のしてきたやり方でセフレがゲット出来るんだ、という自信を持ったのです。

18才スナック勤務独身女性のセフレ掲示板日記

水曜はお客さんが少ない。スナックはカウンター越しの接客だし、
キャバクラと違ってノルマとかがないから良い。
お酒も勤務中に飲めるし、全体的にゆるい。
オヤジどものセクハラを適当にかわす技さえ身につけてしまえば、
こんな楽な仕事はない。勤務中の暇時間でなおかつママがいないときは、
私一人だけが店にいるときもある。こんなときでもお給料はでるのが、
時間労働の良いところ。これが歩合だったらこんなにのんびりなんてしていられない。
今頃営業メールと電話の真っ最中だろう。スナックって給料安いけど、
楽してお金ほしいならここは天職だ。
まあ、私みたいに適当な性格じゃないとつとまらないだろうけどね。
お客サンのおじさんなんてセフレ掲示板に書き込んでいるネカマと同じくらいの認識だ。
セフレ掲示板っていうものがあることをこの前おじさんからの
セクハラトークのときに教わった。そんな存在知らなくても生きていけるのに、
知ってしまったのだから仕方ない。一度知ってしまったら、
もう知らなかった頃には戻れない。知恵の実を食べたアダムとイブは、
食べたあとのことを考えなかったんだろう。私の祖先はそんな馬鹿なのだから、
子孫である私が馬鹿だったとしても、それは当然のことかもしれない。
そう思って開き直って生きることしかできない。
あー暇。タバコを吸いながら待ってみても、お客さんはこない。
こんなに暇で、ちゃんと給料は出るのだろうかってちょっとこの店の経営が
心配になった。