パトロン募集

看護婦の仕事をしています。人のために働く仕事が大好きだと思っていました。病気だった人が元気な姿になって「ありがとう。」と、言われるのがとても好きでした。だけど、1人の患者が亡くなったことによってその気持ちが少しずつ変わっていきました。

その患者は突然死。何も出来ることなく亡くなってしまいました。家族に病院側のせい。看護婦のせいと当たられ、裁判まで持ち込まれて結局病院側が勝ちましたが、私はその患者の担当をしていたのでもう精神的にボロボロになりました。その姿を1人の入院患者さんが見ていました。「前田さん、大変だったね。君が誠意を込めて患者を接するところを何度か見ていたし、前田さんの笑顔で救われている人もいるから。」
パトロン お金
「ありがとうございます。」「前田さん、パトロン募集していないか。私が君のパトロンになってあげようか。」「パトロン募集ですか。」「私が前田さんのパトロンになればもう辛い思いもしなくてすむし、働かないですむよ。これでもお金はたくさん持っているからね。」パトロン募集はし
ていなかったけれど、確かにこの人の勤め先は有名な所でした。私は彼の名刺だけ貰いました。

数日後、彼は無事に退院しました。「前田さんのお陰で無事に退院できたよ。ありがとう。そして、連絡待ってるね。」「考えときます。」しかし、答えはもう出ていました。あの事件以来人のために働くことが嫌になってきた私。今まで頑張ってきたからそろそろ看護婦をやめて彼に電話しようかなと思いました。
ライブチャットオナニー
オナ指示

ライブオナニー

朝から本当に憂鬱です。今日は会社で会議がありますが、絶対に上司に怒られる気がします。何故なら会社の売上が良くないからです。そんなの分かってて出社するから本当に憂鬱。おかげで全く眠れませんでした。まだ出社までは時間があるのでライブオナニーを朝からして少しでも気分を紛らわそうと思いました。30分くらいライブオナニーをして少しスッキリした私は会社に出社しました。

仕事は案の定、上司に叱られました。だけど、会議中私はある人たちに気を取られそれどころではありませんでした。私の隣座っていた男女の2人が机の下でイチャイチャしていたからです。机の下でお互いの足を触りあったり、私に気づかれていないか確認するみたいにチラチラ見たり、朝ライブオナニーをしてスッキリしていたのに関わらずまた興奮してしまいました。
ライブオナニーを知り学んだ素人女性とオナニーの見せ合いをする方法

会議が終わり会議室から出ようとすると、私の後ろに座っていた女性社員が私に話しかけてきました。「会社でイチャつくな。て、感じですよね。」「君も気づいていたんだ。」「はい。」これをきっかけに彼女に会うたびに立ち話をするようになりました。

「今度、ご飯でも食べるか。」「若葉さんのご馳走なら。」退社後、2人で馴染みの店に行きました。「ワカちゃん、今日はべっぴんさんと一緒だね。」マスターが笑顔で話しかけてきました。「いいでしょう。今日の酒はさらに美味しいよ。」1人の酒より女性と飲む酒はより美味しく私はだんだん彼女のことが好きになっていたのできっかけを作ったあのカップルに感謝です。
ライブオナニー