パトロン募集

看護婦の仕事をしています。人のために働く仕事が大好きだと思っていました。病気だった人が元気な姿になって「ありがとう。」と、言われるのがとても好きでした。だけど、1人の患者が亡くなったことによってその気持ちが少しずつ変わっていきました。

その患者は突然死。何も出来ることなく亡くなってしまいました。家族に病院側のせい。看護婦のせいと当たられ、裁判まで持ち込まれて結局病院側が勝ちましたが、私はその患者の担当をしていたのでもう精神的にボロボロになりました。その姿を1人の入院患者さんが見ていました。「前田さん、大変だったね。君が誠意を込めて患者を接するところを何度か見ていたし、前田さんの笑顔で救われている人もいるから。」
パトロン お金
「ありがとうございます。」「前田さん、パトロン募集していないか。私が君のパトロンになってあげようか。」「パトロン募集ですか。」「私が前田さんのパトロンになればもう辛い思いもしなくてすむし、働かないですむよ。これでもお金はたくさん持っているからね。」パトロン募集はし
ていなかったけれど、確かにこの人の勤め先は有名な所でした。私は彼の名刺だけ貰いました。

数日後、彼は無事に退院しました。「前田さんのお陰で無事に退院できたよ。ありがとう。そして、連絡待ってるね。」「考えときます。」しかし、答えはもう出ていました。あの事件以来人のために働くことが嫌になってきた私。今まで頑張ってきたからそろそろ看護婦をやめて彼に電話しようかなと思いました。
ライブチャットオナニー
オナ指示